Masao Yamasaki

@masaoyamasaki

木質建材プラットフォーム SHARE WOODS. の代表アカウントです。六甲山間伐材のブランディング及び六甲山材メーカー
Posts
289
Followers
2,130
Following
734
「Hankyu Mode Kobe」では、SHARE WOODS(代表:山崎正夫)と協業した「SHARE WOODSプロジェクト」のもと、神戸・六甲山の森林育成の段階で発生した間伐材が、館内の各店舗のプロダクトやインテリアとして使われています。 〈ブルーボトルコーヒー 神戸阪急カフェ〉でも同様に、店内の家具や什器の材の一部に、神戸市北区の里山から出たコナラの間伐材が用いられ、利活用されています。 兵庫県神戸市中央区の神戸阪急 新館1階に〈ブルーボトルコーヒー 神戸阪急カフェ〉がオープン。店舗の空間デザインを芦沢啓治建築設計事務所が担当。店内の家具はカリモク家具が製造。一部の家具のフレームや天板に、神戸・六甲山の間伐材が使用されています。 #hankyukobe #hankyumodekobe #bluebottlecoffee #bluebottlecoffeekobe #sharewoods #地域材 #里山デザイン #コナラ家具 #芦沢啓治建築設計事務所 #karimoku #kobedesign #間伐 #里山資源
141 1
2 months ago
百貨店の隅に佇む非常階段前やトイレ前のレストスペース。存在がデッドスペース化していて、家族の買物の付き添いに疲れたお父様がぐったりしてる空気が漂う空間。 そんな存在をアートとクラフトで少し癒されたりシャキッとさせたりする空間に。神戸大丸の各階のレストスペースに、兵庫県で活動するアーティストやデザイナーが絵画や椅子、ベンチなどを作成し設置しました。 そこにMAR_Uのシェア工房の住人でもある森元 太輝陽のブランドFulcrumが設置されています。デザインは池内 宏行で、壁面のアートともマッチしていてめちゃイケてます。 #大丸神戸店 #mar _u #fulcrum #hiroyukiikeuchi
87 0
2 months ago
MARNI × SHARE WOODS Hankyu Mode Kobeが SHARE WOODSと協業した、リニューアルオープンプロジェクトで新館2FのMARNIさんの売り場什器ポディウムを制作させていただきました。 変則的で複雑な五角形の立体物で、アイアンのフレームにステンレスの鏡面と神戸市街路樹ユリノキの突板をランダムに貼り込んだポディウムです。 それぞれの持ち場の職人が最高の精度で作り上げた作品ともいえます。 デューラーのコペルニクスにでてくる謎の五角形にインスパイアされたかは定かではありません。 ©️Nacasa & Partners #hankyukobe #sharewoods #hankyumodekobe #marni #神戸市街路樹レスキュー #ユリノキ突板 #デューラー
71 0
2 months ago
DSQUARED2 × SHARE WOODS local wood project Hankyu Mode Kobeリニューアルプロジェクトで、グローバルブランドとローカルウッドがコラボ、DSQUARED2さんの壁面を六甲山ヒノキの上小で作成させていただきました。 DSQUARED2が展開する波板壁面の形状を、鉄板ではなく無垢板でオリジナルに製作し、壁面に仕上げました。 ともすると和に寄りがちなヒノキを材の選定と加工により、いい感じにできました。 #hankyukobe #dsquared2 #sharewoods #六甲山ヒノキ #波板 #波板壁面 #神戸阪急 #hankyumodekobe
80 2
2 months ago
MARNI MARKET × KOBE STOOL Hankyu Mode Kobeリニューアルオープンプロジェクトでは、店舗装飾だけではなく、各ブランド企業様との期間限定コラボ商品も生まれました。 MARNIの本国のデザイナーがデザインしたログスツールを六甲山すぎで製作。クセのある丸太の割れやアクなどと格闘し共存しながらオリジナルの新しい商品の概念を生み出したと言っても過言ではないでしょう。 PR写真撮影も、この子たちの生まれ故郷である六甲山に里帰りしたり、マルの工房の港の風景であったり、一味も二味も違ってます。あと店舗装飾もグローバルブランドのぶっ飛び感が素敵ですのでぜひお店に行ってみてください。 来週末までの期間限定販売で、限定品のシリアルナンバー付きで超レアモノです。 ■販売場所「マルニ マーケット」神戸阪急 期間:2022年8月31日(水)~9月13日(火) 10:00~20:00 場所:神戸阪急 新館1階(兵庫県神戸市中央区小野柄通8丁目1番8号) ※「コウベ スツール」はオンライン販売無し。 【問い合わせ先】 マルニ / マルニ ジャパン クライアントサービス TEL:0800-080-4502(フリーダイヤル) 営業時間:月~金 10:00~19:00 #hankyukobe #marnimarket #marni #sharewoods #六甲山すぎ間伐材 #六甲山すぎ間伐材 #rokkologstool #ログスツール #hankyumodekobe
134 5
2 months ago
神戸阪急の新館がHankyu Mode Kobeとしてリニューアルし8/31にオープンしました。その中の企画としてHankyu Mode KobeとSHARE WOODSが協業し、グローバルブランドと地域材のクリエイティブなコラボレーションが生まれました。 僕たちは、海外の個性的なハイブランド7社とひとつひとつ打ち合わせを重ねながら、店舗の内装に取り入れたり、什器や巨大オブジェ、期間限定の商品開発に取り組みました。 その中から一つ一つをご紹介していきます。 Maison Margiela Hankyu Mode Kobe ”SHARE WOODS” プロジェクトの一環として、神戸の造船所で使用されていた無垢すぎの尺角4mの盤木を組み合わせて、2.2m×2.2m×奥行き70cm もの巨大クッションオブジェ壁とディスプレイテーブルに使用。 マルジェラのコンセプトである破壊と再構築を具現化した巨大なオブジェは、精巧なロボットアーム式のNC加工機で精密に削り出されたあと、職人の手作業による仕上げでラフに破壊されました。 従来は石膏でつくられる壁を巨大な盤木で再構築し、石膏の表面に残される布地の折り目や質感は、巨大な盤木に職人の手作業によって彫刻を施すことで再現している。 #hankyukobe #sharewoods #kobewood #盤木 #nc加工 #maisonmargiela #mode #woodart #hankyumodekobe
182 2
2 months ago
安藤忠雄さんの「こども本の森 神戸」の椅子を地域材でつくりました。 近年のSDGsの取組みやサステナブルといったキーワードを各所で耳するようにはなってきて、私どもの仕事や活動について関心を持ってくれる人が増え始めているのはとても嬉しいことです。 家具の中でも特に椅子となるとその強度が求められ、品質においても良質な広葉樹が求められます。里山に存在する広葉樹は、用材として育てられたわけではないので、その面において劣る部分(ねじれやひび割れその他の乾燥の問題等)が多く、率先して国産のましてや地域の里山の広葉樹と使おうという作家はほとんどいませんでした。 ただ近年において、海外でも良質な木材が不足しつつあったり、僕たちの行動に共感していただく作家さんも増えつつある中で、地域材で椅子を作るということチャレンジしていただき、僕たちもそれに呼応する形でできる限りその努力をしようと試みています。 その折、神戸市に「こども本の森 神戸」という図書館ができるという話を耳にしました。建築家の安藤忠雄さんが神戸市に全面寄付しできた図書館です。様々な公共建築において内装材等を納めてきましたが図書館の椅子というのはまだやったことがなかったのでこれはチャンスと思いなかば無理やり神戸市さんに営業をかけました。 当初は、既製品の椅子を購入するという予定だったところを神戸市産の木材でなんとかできないかと掛け合い、設計の安藤事務所様にもご協力をいただき実現することができたのが「こども本の森 神戸」の椅子です。制作についても、シェアウッズの中で全て制作担当するのではなく、普段ご協力いただいている「樹の一脚展」のメンバーに声をかけさせていただき、そのうちの有志3名にそれぞれの椅子作ってもらいました。 岡田光司さんには、街路樹のケヤキを使った椅子やスツール。 村上剛さんには、神戸市の里山のコナラを使った椅子。 岡田敦さんには、六甲山のヤシャブシや神戸市の里山のコナラを使った椅子やベンチ。 それぞれの特徴のある、かつ建築に溶け込んだ素晴らしい作品を作っていただきました。 これが単に一発屋の企画ものではなくて、地域の広葉樹が椅子に使えるということを知ってもらうための出発点として僕たちはもっと努力していかなくてはならないし、ものを作るということとその資源はどこからきていて誰の手に渡るのかの道筋を見える化していきたいと思っています。 できる限りずっと。 #こども本の森神戸 #sharewoods #里山広葉樹活用 #コナラ #安藤忠雄 #安藤建築 #国産椅子
226 10
5 months ago
いつもお世話になっている神戸市立森林植物園さんにお豆さんのカタチのそら豆ベンチを納めさせていただきましたよ。 裏六甲山有野地域のすぎです。ワイルドなほうのヤツです。 #神戸市立森林植物園 #六甲山材 #豆ベンチ #そら豆ベンチ #六甲山すぎ間伐材
110 0
6 months ago
安藤忠雄さんが神戸市に寄付してできた「こども本の森 神戸」図書館が明日3/25にオープンします。 そもそも当初、既製品の椅子を購入される予定だったのを、半ば強引に神戸市さんや安藤事務所様に神戸市産材で椅子をつくりましょうと営業をし、採用されたのはいいが地域材の広葉樹で椅子をつくるというハードルに何度も挫折しそうになりながらも、一脚展のメンバーに本当に真摯に向き合っていただきながら素晴らしい椅子が完成しました。 その過程で、分類の表示パネルも神戸にゆかりのある材でやれないかと岩本くんから話をいただき、木材はMAR_Uチームで、サインを寺井くんまとめていただきながらとてもいいパネルが出来上がりました。 色々と貴重な経験をさせていただいたのですが、最後の最後に、スタッフのかたの名札をつくるというのがあって、予算や納期のこともあったのですが、ここまでやったら最後までこだわろうということで、明後日デザインさんにデザインしていただき、六甲山のひのき、コナラ、街路樹のクスで表示パネルの縮小サイズで名札を仕上げました。これがとても可愛くできて、スタッフの方にも内覧のお客様にも評判です。みどりの手がめちゃくちゃかわいい。 椅子やらサインやらは、また追ってアップしたいです。素晴らしいお仕事をされる皆さんと現場を経験できて楽しいお仕事でした。ありがとうございます。 グラフィック関連�統括:神戸新聞事業社 プロデュース・撮影:岩本順平(DOR) アートディレクション:近藤聡(明後日デザイン制作所) デザイン:井澤真優(明後日デザイン制作所) ウェブデザイン:西谷竜太(DOR) イラストレーション:山内庸資 コピー制作・監修:柿本康治 館内テーマサイン等製作・木材コーディネート:SHARE WOODS #こども本の森神戸 #スタッフ名札 #スタッフ名札かわいい #六甲山材 #コナラデザイン #sharewoods #図書館デザイン
179 0
8 months ago
少し思考が停止して行き詰まっていたリオさんとの新しいモノづくりの打ち合わせに助っ人寺井くんを呼んで再開しました。 単純に商品をつくるというより、素材や思想を深掘りしていくと本質的なことにぶち当たり、無限の螺旋階段のようにエンドレスゾーンに入っていく、まさにトーラスのように。 例えば、容器に豆の劣化を防ぐための機能を持たせるには密閉性やいかに空気と触れないかを考えて素材を検討するけど、むしろ保存する容器によって有機的に豆が変化するとどうなるだろうみたいな。またその構造が滞留しないような設計になっていたら。 おそらく人間も同じで、同じ人間でも一緒にいるひとによって個体は変容するし、場所やモノによって生き物の思考や身体も変わるような。 コーヒーを焙煎するときにでるチャフという香ばしい籾殻のようなカス。ごはんにかける。木屑とまぜる、膠でかためる、食べる。チャフも何かとまざることで変容する。リオコーヒーは楽しい。 *リオコーヒー芦屋店はリニューアルオープンしました。木材やトレイなど色々やらせていただいてますのでよかったらコーヒー飲みに行ってみてください。 #sharewoods #間伐材デザイン #サスティナブル #コーヒー豆 #riocoffee #六甲山材 #芦屋コナラ #コナラ家具
102 0
8 months ago
神戸マルイの1F正面入ってすぐのカレンダリウムという祭事スペースのリニューアルのテーブルやら什器、諸々をやらせていただきました。 木をふんだんに使ってもらってるのですが、木が主張することなく商品の展示スペースに自然に納まってる感じが心地よいです。 設計施工は、名谷図書館でもお世話になったエイムクリエイツさん。ありがとうございました。 #sharewoods #六甲山すぎテーブル #六甲山ユカハリタイル #ヒュームドパイン
104 0
8 months ago
「里山からコナラスツール」が完成しました。約半年間をかけてみんなで作業してきました、里山広葉樹活用プロジェクトの一つの成果として、「顔の見えるプロダクト」のプロトタイプが完成しました。 今回のプロダクトは、デザイン及び製作を馬場田くんと池内くんのMAR_Uのメンバーが担当してくれました。 馬場田くんは、コナラのペーパーコードスツール。コナラの特性である強度と粘りを活かして、出来る限りフォルムを細くしたスッキリしたデザインになっています。またコナラの表情の重厚感を軽快にするためにペーパーコードの座面を編み透かしにするという工夫もされています。 池内くんは、組み上げるスツールというコンセプトを掲げ、海外のアンティークやヴィンテージに負けない永く使われるようなシンプルで洗練されたデザインのベンチ&スツールに。また、座面を取り替えて使えるようにすることで、里山の循環を生み出すデザインにもなっています。 地域材を使うとことの意味とは、「産地証明書」を発行して補助金をもらうことでも無く、「地域ブランド」の名声を利用して自慢したり、売れる商品量産したりするためのものでは無くて、その地域の山林資源は誰が持っていて、誰が木を伐採して、誰がものづくりをして、誰の手に渡すか、までのトレースをみんなで共有してハッピーになることなんだろうなと思います。なので、この期間の作業はとても幸せな体験でした。 #里山スツール #サスティナブルデザイン #国産コナラスツール #コナラペーパーコードスツール #コナラベンチアンドスツール #sharewoods #kobeuniversity #andeco @kengbbt @hiroyuki_ikeuchi
147 1
9 months ago